アメブロ Instagram

愛犬との信頼関係

犬と暮らしている方の中には

「リーダーとして認識されていないなぁ」

「愛情は感じられるけれど

しっかりとした信頼関係があるかどうかは

イマイチわからない」

と言う人も少なくありません。

家族の中で順位づけをして

絆がないことや

頼れるリーダーでないことを

説明しようとする方もいます。

また、関係性は良好であるという

認識を持ってはいても、愛犬に対して

 「なんでそうなの〜?」

 「冷たいなぁ〜」

 「自分勝手だな〜」

  「私のことをどう思っているんだろう」

 「慕われていないのだろうか」
「ナメられているのかな」

と考える方も多いのではないでしょうか。

その際に、飼い主は愛犬の行動ひとつひとつに

「それは○○だから」と、理由や原因を用意します。

そして、

「あなたは、こういう犬」と、枠にはめてしまうのです。

そのような時は、だいたい実際に愛犬が考えていることや気持ち、

心の状態とは違う理由や原因を”妄想”していたり

愛犬からのメッセージを受け入れられない「何か」がある時です。

しかし、それはただ、自分の想いや気持ちの持ち方の癖を

動物との関係作りに当てはめてしまい、

信頼関係の構築や絆づくりが上手くいかないように

感じてしまっているだけかもしれません。

愛犬との信頼関係に不安を覚える時は、

愛犬の行動を、どんな風に・どんな気持ちで見ているのか、

飼い主自身の気持ちに焦点をあててみましょう。

すると、いかに自分が

愛犬のことを偏った感情をもって見ていたのかや、

本当はそんな気持ちじゃなかったのかもと、

愛犬の行動を見つめる視点が変わり、

今まで感じることができなかった絆や信頼関係があったと、

気づくきっかけになるはずです。

そして、信頼関係を確認する愛犬の行動として

一般的にいわれている、

①お腹を見せる

②尻尾を振る

③じっと見つめる

④飼い主の顔や手を舐める

⑤身体を隅々まで触らせる

⑥飼い主の側で寝る

⑦飼い主にもたれかかる

⑧飼い主が離れていても落ち着いている

これらの行動だけが、確かな信頼関係を

確認できるものではないことがわかります。

あなたと愛犬だけの信頼という愛を感じ合うには、

犬はこういう生き物。
うちの子は、こういう犬。

といったような、正しいと思っていた常識の枠を壊してみることを

オススメします。

飼い主の不安や心配を、ポジティブな方向に

変えていくきっかけを持っているのは、

共に暮らすあなたの愛犬です。

枠を壊した先に見えてくる格別に素敵な世界を、動物たちと一緒に

見ていけますように。

———————————————
Heart Linkアカデミー

オフィシャルInstagramにて

↓↓↓情報発信中!↓↓↓
https://instagram.com/heartlinkacad